SiteMap

底地は立派な財産です

大きな家

底地はどうしても扱いにくい、ということで嫌がられることが多いのですが立派な財産であることには違いはありませんから、そこまで気にすることはないでしょう。では、底地とはなんなのか、といいますとそれは借地権が設定されている土地になります。
つまりは既に誰かに貸している、そして住んでいるとなります。日本の場合は、旧借地法、借地借家法に定められているものであり、借地権の存続期間が長くなってしまうとかなり借地人の法的利益が保護されるようになっています。
借地権の価格が底地自体の価格よりも高くなってしまうこともあるのです。そうしたことがありますから、底地というのはよほどもうそれ以外に使い道がない土地でもない限りは回収できるのであればしたほうがよい、ということになっています。
底地の経済価値というのは、賃借人から賃貸借契約の存続期間中支払われる純賃料の価値と、その期間が終了後に所有者が使用収益の権能を回復することによって得られる金額によって算出されることになります。
とにかく、底地というのは、その土地の時価よりも確実に低くなる、ということになるのです。これは覚悟しておいたほうがよいでしょう。ですが、貸せているので少なくともお金にはなっている土地でもあります。

底地には利点があるのです

不動産で最も駄目なのは使っていない状態であるといえるでしょう。それは土地でもいえることであり、無駄に何もできていないことが何より駄目になります。ですから、底地というのは実はそんなに悪いわけではないのです。底地というのは、実は相当に上手く貸せている、ということもあるのです。ですから、底地自体はそこまで悪いことではない、という場合もあるのです。
ですが、やはりより上手く活用することができるのであれば、それは返してもらうことにしたほうがよいでしょう。つまりは、借地権を返してもらう、ということになります。これは買取、という形を取ることが多いです。つまりは、自分の土地なのにお金を払って返してもらう、ということになります。これがなかなか厳しい部分になるといえるでしょう。
ちなみに底地を専門的に扱っている不動産屋というのも存在していますから、そこに売ってしまう、ということも考え方としてあるでしょう。
ですが、良い土地であれば自分でそこをより効率的に活用したいと考えることは当たり前でしょうからまずはとにかく借地権者と交渉することです。意外とすんなりと話が進む、ということもありますからともかくやってみることがお勧めできます。

底地とは借地権がついている土地です

土地といっても色々と種類があり、中には権利関係がかなり複雑になってしまっていることもあります。そうした土地の一つが底地になります。これは借地権付の土地、或いは宅地のことであり、その所有権のことをいいます。所有権として土地にある場合、そこには使用する権利、そこから利益を得る権利、処分を自由にする権利、というのがあるわけですが、この場合、使用収益権能が制限される、ということになります。
つまりは、自由に使うことができない、ということになるわけです。そこがこの底地という土地の性質であるといえるでしょう。なにも勝手にそうなったわけではなく、自分で、或いは親なりご先祖様がそうした契約をした、ということになります。
借地権自体も相続をすることが可能になっています。権利というのはいくらか例外はあるとしても相続できるので、親子何代というレベルで貸していることもあるのです。そうした土地であるわけですから、付き合い上、取り戻すことがほぼできない、ということもあるのです。
それが底地の厄介なところでもあります。もちろん、貸せているわけですから、それが逆に良いところである、という評価になる場合もあります。その土地次第であるといえます。

Update Article

古屋

2017年05月12日

底地によって得られること

底地とはそのまま貸せているのであればそれでもよい、と考える人も多いのです。もちろん、その土地が…

MORE ▶

雪が積もってる家

2017年05月12日

底地は今現在でもしっかりと

底地は既にしっかりと活用されていることもあるでしょう。要するに借りている人がいるわけですから、…

MORE ▶

オレンジの屋根の家

2017年05月12日

底地において重要な要素となるのが

多くの場合、土地を持っているということはメリットが大きいです。それは底地にもいえることになりま…

MORE ▶

綺麗な家

2017年05月12日

底地を売りたいときにはどうするのか

底地をするときには、もっとも高く評価してくれる人にした方がよいでしょう。そんなことは当たり前で…

MORE ▶